家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

カレー味の鶏ハム(サラダチキン)の作り方。タンドリーチキンの再現レシピ

ファミマのカレー味のサラダチキン(タンドリーチキン)の再現レシピです。鶏肉に一度も手を触れずに作れるので日持ちします。塩麹とカレー粉は相性がよく、鶏ムネ肉がコクのある味わいになります。しっかりした深みのあるカレー味なのでメインにも副菜にもなるおすすめおかずです。市販品の三分の一くらいの材料費で作れ、ノンオイルで砂糖不使用なのでダイエット中の方にもおすすめです。

調理時間:60分 冷蔵保存:7日

 

  • 鳥ムネ肉 1枚(約300~330g)
  • 塩麹 大さじ1と小さじ1(20g)
  • 顆粒状コンソメ 小さじ1
  • カレー粉 小さじ1強

 

  1. 大きめの鍋に水をたっぷり入れ沸騰させる。沸騰したら弱火にする。
  2. 清潔なフォークで鳥ムネ肉を数か所さして穴をあける。(フォークで刺す時には、パックの上で作業すると洗い物を減らせます。)
  3. ジップロック袋に塩麹とコンソメとカレー粉を入れ、袋の上から手でもんでなじませる。(コンソメは加熱中に溶けますので、完全に溶けなくて大丈夫です。)
  4. 3のジップロックに鳥ムネ肉を入れ袋の上から手でもんで調味料をなじませる。(鶏肉を袋の中で回転させると調味料がなじみやすいです。鶏肉はなるべく広げて入れてください。)
  5. 空気を抜きながらジップロックの口を閉じる。
  6. 鍋に入れ弱火で鍋のフタをしないで2分煮る。(弱火はコンロで最も火が弱い状態にしてください。)
  7. 2分後、火を止め鍋のフタをして約1時間放置する。(放置している間は、ジップロックの口が鍋から出るように鍋のフタをかぶせてください。)                
  8. 1時間後、湯から取り出し、肉汁を捨てずに自然に冷ましてできあがり。
  9. 食べる直前にジップロックから取り出して好みの厚さに切り、袋の中に残った肉汁をかけてお召し上がりください。

 

市販品には皮がついていませんが、皮から旨味が出るので取り除かずに作ります。苦手な方はお召し上がりの前にはがしてください。

肉汁がたくさん出ますが塩麹&コンソメ&カレー粉と混ざり、おいしいソースになっていますので捨てずにチキンにかけてお召し上がりください。

プレーンのレシピも紹介しています。

ジップロックで簡単常備菜。サラダチキンの再現レシピ

バジルを使ったハーブチキンもおすすめです。

ジップロックで簡単サラダチキンの作り方。ハーブチキンの再現レシピ。

ジップロックはなんでもいいの?

冷凍・解凍用の耐熱温度が100℃、と書いてあるものを使って下さい。耐熱温度が70℃未満のものを使うとふにゃふにゃに溶けますのでご注意ください。

ジップロックは溶けない?

家庭用コンロで最も弱い火加減で2分加熱する間には、お鍋のフチに触れていても溶けてしまうことはありません。火を止めてから鶏肉を鍋に入れるレシピをよく見かけますが、余熱だけでは鶏肉が十分に加熱されず食中毒の原因となるカンピロバクターが死滅しない恐れがありますので必ず加熱してください。

東京都福祉保健局のページに詳しく書いてありますのでよろしければご覧ください。

カレー粉はこちらが大変おすすめです。スパイシーさの中にフルーティーな甘みがあり、深みのある味で美味しく仕上がります。


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

ホームへ

カレー味の鶏ハム(サラダチキン)の作り方。タンドリーチキンの再現レシピ 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ