家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

週末の作り置きレシピと常備菜レポート(2016年11月2週目)

 レポート    marie

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

週末の作り置き 4品

野菜たっぷりおかずミートソース  30分

万能トマトソース ※

鶏肉と根菜の甘酢煮込み 30分

豚もやしの味噌バター醤油いため 5分

週末のつけおき 2品

豚肉のごま味噌炒め 3分

牛肉のすき焼き風煮込み 3分

4品を作り置き、2品つけおきしました。作業時間の合計は70分程度でした。

時短ポイント:倍量つくって半分アレンジ

万能トマトソースはレシピの分量の2倍(トマトソース2缶)で作り、半分とりわけてひき肉を入れてミートソースにしたので、30分程度で2品出来上がりました。倍量つくって半分アレンジすることで短時間で品数を増やせます。そんなにたくさん食べられないよ!という方は、レシピの分量どおりに作っていただき、お好きな分を取り分けてアレンジしていただけると幸いです。

すきま時間につけおき

豚もやしの味噌バター醤油いためは、平日のすきま時間に肉をつけおきしておいたので、5分程度でした。

万能トマトソースにはメカジキを焼いて合わせる予定です。メカジキは週末に焼くことも可能ですが、全部週末にやろうとするとヘトヘトになってしまうので、平日短時間で出来ることは平日にまわします。写真には写っていないのですが、白菜が水曜に届く予定なので牛肉のすき焼き風煮込みに入れる予定です。

一週間の献立は以下のステップで考えました。

まず最初に5日分の主菜を考えます。

  • つけおき可能な豚肉と牛肉はタレにつけて週の後半(木、金)に焼く。
  • メカジキは月か火に焼いて万能トマトソースに合わせる。
  • 豚もやしは早めに食べた方がおいしいので週の前半(月、火)にする。
  • おかずミートソースは時間が経っても美味しいので週の中ごろ(水)にする。

上記のように、なるべく早く食べた方がいいおかずを前半に、肉のつけおきを後半に、時間が経ってもおいしいおかずを空いた日にセッティングして埋めていきました。

月曜日

主菜:豚もやしの味噌バター醤油炒め

副菜:ホウレン草のミートソース和え

平日作業:冷凍ホウレン草を解凍(2分)

火曜日

主菜:メカジキのソテー万能トマトソースがけ

副菜:もやしの味噌バター醤油炒め

平日作業:メカジキをフライパンで焼く(5分)

水曜日

主菜:かぼちゃのミートソースグラタン

副菜:鶏肉と根菜の甘酢煮込み

平日作業:冷凍かぼちゃを解凍しミートソースとチーズをのせ温める(6分)

木曜日

主菜:牛肉のすき焼き風煮こみ

副菜:鶏肉と根菜の甘酢煮込み

平日作業:つけおきした牛肉を加熱し切りおきした野菜と煮込む(10分)

金曜日

主菜:豚肉のごま味噌炒め

副菜:白菜とネギのすき焼き風煮込み

平日作業:つけおきした豚肉を切りおきした野菜と炒める(10分)

ひとこと

週末、主菜にも副菜にもなるボリュームおかずを6品作り置き&つけおきするだけで、平日なんとかするプランです。はたしてプラン通りうまくいくでしょうか・・・?計画倒れにならないよう頑張ります。実際にどのように食べたのかは後日レポートしますね。


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

 レポート    marie
ホームへ

週末の作り置きレシピと常備菜レポート(2016年11月2週目) 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ