家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

肉の常備菜レシピ。ねぎ塩豚の白菜いため

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩と鳥ガラスープで味付けした豚肉がねぎ、白菜、えのきとよく合います。冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです。白菜、えのきの代わりに、もやし、まいたけ、しいたけ等も良く合いますよ。火の通りの早い野菜またはキノコと組み合わせれば、10分以内に出来上がる平日の夜にもおすすめのレシピです。

調理時間:10分 冷蔵保存:4日間(加熱後)

 

  • 豚肉 切り落とし 300g
  • 白ねぎ 1本
  • 白菜 3枚 (約200g)
  • えのき 1/2袋

つけおきダレ

  • ◎中華鳥ガラスープのもと(顆粒) 小さじ2
  • ◎塩 小さじ1/3~ひとつまみ
  • ◎ごま油 大さじ1
  • ◎水 大さじ3

 

週末のステップ

  1. つけおきダレ(◎の調味料)を混ぜ、豚肉と一緒に保存袋またはボウルに入れる。冷蔵庫で5分~5日間つけおきする5日間好きなタイミングで焼くことが可能。

平日のステップ

  1. 白菜は軸を1センチ幅に、葉は3センチ幅に切る。ねぎはみじん切り、えのきは根を落としてほぐす。
  2. フライパンに炒め油を入れ、豚肉とつけおきダレ、白菜の軸を入れ中火で炒める。つけおきダレは袋の中に残らないように全て入れる。
  3. 炒め開始から約2分後、えのきを入れ中火で炒め続ける。
  4. 豚肉と白菜の軸に火が通ったら白菜の葉とねぎを入れ、中火で炒め火が通ったら出来上がり。

 

肉のつけおきダレの塩分量について解説です。

塩小さじ1/3入れる場合

野菜と一緒に炒めることを想定して濃いめになっています。豚肉だけで炒めると塩辛くなってしまうのでご注意ください。野菜の量の目安は、白菜なら3枚以上、もやしなら1袋以上です。豚肉+ねぎ一本だけだと、味濃いめになります。

豚肉だけ、または豚肉+ねぎだけで炒めたい場合、つけおきダレの塩はひとつまみ程度にするのがおすすめです。

冷めてもおいしいのでお弁当におすすめです。ご飯がすすみますよ~。

 

 


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

肉の常備菜レシピ。ねぎ塩豚の白菜いため 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ