家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

枝豆ひじきのふわふわ豆腐ハンバーグ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お弁当にぴったりの味付きのふわふわハンバーグです。豆腐、枝豆、ひじき、ゴマは相性バツグンで冷めても香ばしさをキープします。ふわふわの豆腐ハンバーグに枝豆とゴマのぷちぷち食感が良いアクセントになっています。冷めてもふわふわで柔らかいのでぜひお試しください。

調理時間:20分 冷蔵保存:4日

 

  • 鳥ひき肉 200g (もも、ムネどちらもOK)
  • 絹豆腐 200g
  • パン粉 150cc
  • 冷凍枝豆 20房
  • ひじき 大さじ1強
  • めんつゆ3倍濃縮 大さじ1
  • 白いりごま 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 塩 小さじ1/5 (ひとつまみ)

 

  1. ひじき大さじ1強は最初に水で戻す。冷凍枝豆はレンジで解凍し、房から出す。(600wで1分20秒)
  2. ボウルに絹豆腐とパン粉を入れヘラでつぶしながら混ぜる。絹豆腐はパン粉に水分を吸わせるので水切り不要。
  3. 2のボウルに鳥ひき肉と塩小さじ1/5(ひとつまみ)を入れ、ヘラで混ぜる。めんつゆ3倍濃縮、白いりごま、ごま油をそれぞれ大さじ1入れて混ぜる。
  4. 水で戻したひじきはギュっと手で絞り水を切ってから3と混ぜる。最後に枝豆をタネに混ぜ、丸く成形する。枝豆はタネに混ぜこまず、成形後に表面に埋めこんでもよい。
  5. テフロン加工のフライパンに成形したタネを並べ、炒め油を多めにしき、フタをして中火で7分加熱する。やわらかく形が崩れやすいので少なくとも7分加熱すること。
  6. 7分後、いったん火を止め、ひっくり返して再びフタをして2~3分中火で焼いて出来上がり。

 

卵は入れないほうがふんわり柔らかくなります。ふわふわの秘訣は絹豆腐とパン粉、ごま油です。ごま油を入れることで鳥ムネひき肉でもしっとり柔らかくなります。

ひっくり返すとき崩れやすいのでフタをしてしっかり7分火を通してから返してくださいね。記載の分量で8~10個できます。

枝豆はタネに混ぜ込まず、丸く成形した後に表面に埋め込むと見た目がきれいに仕上がります。枝豆の面を上にして焼きはじめると、裏が多少焦げても枝豆の面はきれいに仕上がるのでおススメです。

お肉と豆腐が同じ量なので材料費が安くヘルシーなのもポイントです。食材の値段は地域でまちまちですが、全量で300~400円くらいでしょうか。

味つきなのでそのままお弁当に入れられ、絹豆腐、パン粉、ごま油の効果で冷めてもやわらかです。ふわふわのハンバーグに枝豆とゴマのぷちぷち食感がいい感じなので、ぜひお試しいただけたら嬉しいです。

 

 

 


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

枝豆ひじきのふわふわ豆腐ハンバーグ 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ