材料3つ!氷砂糖で手作りレモンシロップの簡単レシピ。漬けたレモンの使い道もご紹介。

家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

自家製レモンシロップで彩りライフ

材料3つ!氷砂糖で手作りレモンシロップの簡単レシピ。漬けたレモンの使い道もご紹介。


アイスでもホットでも美味しいフレッシュな香りのレモンシロップを作ってみました!レモンの爽やかな酸味と果汁感で様々なアレンジが楽しめます。

 

  • レモン 4個(500g)
  • 氷砂糖 500g
  • リンゴ酢 100ml

レモンは国産がおすすめです。リンゴ酢の代わりに穀物酢などもお使いいただけます。

 

  1. 保存瓶はアルコール消毒または煮沸消毒する。レモンはよく水洗いし、清潔な布巾で表面の水気をふきとる。(水気は傷む原因になりますので、しっかり水気をふき取ってください。)
  2. レモンは包丁で1センチ幅に切る。
  3. 消毒した保存瓶にレモンと氷砂糖を交互に入れる。一番上は氷砂糖になるようにする。(写真の保存瓶は2リットルです。)
  4. 最後にリンゴ酢を100ml入れる。瓶を逆さにするようにふり、レモン全体をぬらし、冷暗所に保存する。(レモン全体をぬらすことで発酵を防げます。)
  5. 氷砂糖がとけるまで冷暗所に保存し、毎日2~3回さかさまにふり、レモン全体をぬらす。
  6. 約1週間後、レモンシロップが完成。ザルにあけレモンを取り出し、シロップは消毒した密閉容器に入れ冷蔵庫に保存する。
  7. 取り出したレモンはラップに包み冷凍庫に保存する。

 

瓶は必ずアルコール消毒か煮沸消毒するようにしてください。保存瓶の容量は2リットルです。リンゴ酢を入れるのは発酵をふせぐためです。瓶を逆さにふり、全体をぬらすことで発酵しにくくなります。氷砂糖がとけるまでは冷暗所に保存してください。シロップが完成したらレモンをザルにあけ取り出し、密閉容器に入れ冷蔵保存してください。

全日本氷糖工業組合さんのご依頼によりレシピを開発しご紹介しております。写真をタップすると全日本氷糖工業組合さんのホームページにとびます。↓

レモンシロップの簡単アレンジ

レモンシロップの簡単アレンジを2品ご紹介します。

《レモンクリームベーグル》

  • ベーグル 1個
  • クリームチーズ 40g
  • レモンシロップ 大さじ1~

ベーグルは半分に切り、クリームチーズをぬりレモンシロップをかけできあがり!

《レモンラッシー》

  • プレーンヨーグルト 100ml(104g)
  • 牛乳 100ml(103g)
  • レモンシロップ 大さじ3(54g)

プレーンヨーグルト、牛乳、レモンシロップをグラスに入れて混ぜ、レモンシロップから取り出したレモンを1枚トッピングしてできあがり!

そのほかにも紅茶にレモンシロップを入れてレモンティー、夏はソーダ割りにしてレモネード風、冬はお湯割りにしてホットレモネードなどアレンジ自在。漬けたレモンはラップに包んで冷凍保存ができるので飲み物に添えて楽しめます。ぜひ作ってみてくださいね。

 


レシピブログさんのランキングに参加しています。
1日1タップ応援していただけたら嬉しいです。

ホームへ

材料3つ!氷砂糖で手作りレモンシロップの簡単レシピ。漬けたレモンの使い道もご紹介。 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2020 All Rights Reserved.

ホームへ
ページ先頭へ