レンジで簡単!生トマトとブロッコリーのバター醤油パスタ

家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

レンジで簡単!生トマトとブロッコリーのバター醤油パスタ


ミニトマトは加熱すると最高においしいソースになるので、ベーコンとブロッコリーとあわせてパスタにしました。トマトの酸味とうま味、ベーコンの塩気とバターのコクがあいまって最高です。

調理時間:13分 人数:1.5人分

 

  • パスタ(ゆで時間が5分のもの) 100g
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • 水 230ml
  • A顆粒状コンソメ 小さじ1
  • A醤油 小さじ1
  • Aにんにく 4センチ
  • A塩 ひとつまみ
  • ハーフベーコン 1パック(ベーコン2枚分)
  • ミニトマト 8個(120g)
  • ブロッコリー 1/4株(60g)
  • 有塩バター 10g

 

  1. 深さのある耐熱容器に半分に折ったパスタを入れ、オリーブオイルを入れ菜箸でかきまぜ、麺になじませる。
  2. 水とAの調味料を入れ、菜箸でかるくかきまぜる。
  3. パスタの上にベーコンはハサミで1センチ幅に切り、ブロッコリーは小房に切り分け、ミニトマトは半分に切り最後にバターをのせる。
  4. ラップをかけずに600Wの電子レンジで5分加熱する。
  5. レンジから取り出し、菜箸でパスタをかき混ぜる。(パスタを持ち上げて折り曲げるように混ぜてください。)
  6. ラップ無しで追加で4分加熱する。
  7. 加熱後、熱いうちに清潔な箸でかきまぜてできあがり。

 

容器は何ですか?

ジップロックコンテナー正方形1100mlです。軽くて深さがあるのでレンジ調理にぴったりです。1リットル以下の容器ですとあふれる恐れがあります。

加熱後に水分がたくさん残ってしまいます。どうずれば良いですか?

清潔な箸でよくかきまぜてください。かきまぜるとパスタが水分を吸います。かきまぜた後に残った水分は、流し捨てずにソースとして美味しく食べられます。

【つくりおき食堂の超ベストレシピ】絶賛発売中です!

最新刊「つくりおき食堂の超ベストレシピ」は「絶対に作ってほしい自信作」ばかりを集めた渾身の一冊になっています。

書籍だけに公開の新作おかずとSNSでバズったレシピをあわせて156品ご紹介しています。そのうち68品は野菜1種類だけで作れる超時短おかずなので、あと1品ふやしたいときに便利です。超ベストレシピというタイトルですが、過去の書籍とのレシピのかぶりはありません。

まるごと冷凍チンするだけおかず

ハンバーグはポリ袋の中で形成、生のままタレに漬けて冷凍庫に保存!食べたいときにチンするだけで完成!大根の煮物やデパ地下風ごぼうサラダなどは冷凍することで繊維がやわらかくなり、加熱時間が減って時短にもなります。

サラダチキンは2枚同時に完成!

大人気のしっとりやわらかサラダチキンは2枚同時に湯煎調理できるからラク!ポリ袋だから手が汚れず、ラクに作り置き。2枚のサラダチキンはそれそれ別の味つけでアレンジして楽しめます。

洗い物が減らせる!ワンプレ丼

ご飯がすすむワンプレ丼は家族に大人気!しっかりめの味つけで箸がすすみます。

2つ同時にチン!倍ラクおかず

相性の良いおかずは2品同時にチンすれば、ますます時短に。忙しい朝のお弁当作りにもぴったりです。

調味料は計りやすい順に記載!

粉もの→液体 の順に計れば大さじを洗わずに計れてラクです。

前作から3年、絶対に作ってもらいたい自信作だけを集めた一冊になってるんでぜひ買ってもらえたら嬉しいです。

↑こちらをタップすると通販サイトにとびます。ぜひご購入ください。

楽天ブックス↓


レシピブログさんのランキングに参加しています。
1日1タップ応援していただけたら嬉しいです。

ホームへ

レンジで簡単!生トマトとブロッコリーのバター醤油パスタ 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2022 All Rights Reserved.

ホームへ
ページ先頭へ