48分で7品。1週間の作り置きおかず簡単レシピと常備菜レポート(2018年6月17日)

家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

48分で7品。1週間の作り置きおかず簡単レシピと常備菜レポート(2018年6月17日)

 レポート    marie

6月もあっという間に後半になりましたね。大人2人、幼児1人分の平日3~4日分の作り置きおかずです。

写真左上から

トマトとひき肉のカレー(レンジ)8分

豚肉のチャーシュー(レンジ)10分

トマトの南蛮漬け(火を使わない)3分

ピーマンと魚肉ソーセージのソース合え(レンジ)6分

なすピーマントマトのラタトゥイユ(レンジ)8分

サラダチキン(レンジ)30分(作業は10分ほど)

集合写真に入れ忘れた鮭があるので7品になります。容器を6つ並べたら満足してしまい、冷蔵庫に味付けして入れておいた鮭を出し忘れました。

鮭のうま味噌漬け(つけおきおかず)3分

リンクが貼られていないレシピは更新が追いついていません。後日更新しますので、少々お待ちください。

 

今回はすべて火を使わない簡単おかずばかりです。大人気のサラダチキンは切ってから加熱するまでに10分ほど常温に放置するので、その間になすピーマントマトのラタトゥイユ

を作りました。

ラタトゥイユはお鍋で煮込まなくてもレンジで10分以内に作れるので試していただけたら幸いです。子供が生まれる前はお鍋で煮て作っていましたが、レンジで作れるとわかってからはずっとこのやり方です。寝かせるとよりいっそう美味しくなるので作り置きにぴったりです。先日ツイッターで紹介したところ、多くの方にご好評で良かったです。

なすピーマントマトのラタトゥイユを加熱している間に、火を使わないトマトの南蛮漬けを作りました。

放置する時間のあるおかず→レンジ加熱時間が長めのおかず→加熱しないおかずを組み合わせて作ると効率よく作ることができます。待ち時間ができないように、放置する時間が長いものから取り掛かり、待っている間にレンジ加熱が長めのおかずをレンジに入れ、レンジが埋まっている間に肉や魚をタレに漬けたり、火を使わないおかずを作っています。

今週の食材

  • 鮭 小3切れ 210g 398円
  • 牛豚あいびき肉 200g 256円
  • 豚肩ロース 300g 474円
  • 鶏ムネ肉 1枚(300g)234円
  • トマト 2個(300g)約150円
  • なす 2個(160g)約100円
  • ピーマン 1袋 158円
  • ミニトマト 1パック 98円
  • 魚肉ソーセージ 1本 50円

 

税抜きで2000円ほどでした。作り置きおかずだけでは足りないので、作り足し予定です。今年はトマトが豊作だそうで、安く売られていてテンション上がります。大好きな野菜が安く買えると嬉しいですね。

つぶやき

保育園の送迎は私が担当なのですが、月曜日と金曜日は子供二人分のシーツがあるので大荷物で大変です。1歳の娘を抱っこ紐に入れた上に荷物を持つので腰に負担が来ますし、袋が多すぎて手が2本では足りません。千手観音になりたくなります。そんな中、保育園から「プール開きのお知らせ」をいただき顔面蒼白です。月水金にプールだそうで、持ち物の用意と洗濯が大変な夏になりそうです。

 

 


レシピブログさんのランキングに参加しています。
1日1タップ応援していただけたら嬉しいです。

 レポート    marie
ホームへ

48分で7品。1週間の作り置きおかず簡単レシピと常備菜レポート(2018年6月17日) 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2018 All Rights Reserved.

ホームへ
ページ先頭へ