家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

重曹でムネ肉やわらか酢鶏

 

ご好評いただいているレンジだけで10分・いろどり酢鳥のムネ肉バージョンです。ムネ肉は重曹につけてやわらかくします。つけおき時間はかかりますが、とても簡単なので特売日にムネ肉をまとめ買いして重曹水につけて冷凍しています。冷凍することでムネ肉がますますやわらかくなるのでおすすめです。

調理時間:15分(つけおき時間は除く) 冷蔵保存:5日

 

ムネ肉の重曹づけ

  • 鳥ムネ肉 1枚(300~330g)
  • 水 50cc
  • 重曹 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/4

酢鳥の材料

  • ピーマン 2個
  • パプリカ 1個
  • 片栗粉 大さじ1(ムネ肉にまぶす用)

甘酢あんの調味料

  • 酢 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 水 大さじ2
  • 片栗粉 小さじ2

 

  1. ジップロック袋に水50ccと重曹、砂糖、塩を入れ左右に振ってとかし、ムネ肉1枚を切らずに入れてつける。(つけ時間は冷蔵の場合6時間~2日、冷凍の場合は1晩~1カ月を目安にしてください。)                            
  2. 冷蔵の場合、6時間以上つけた後、ザルにあけキッチンペーパーでよく水気をふきとる。
  3. 冷凍の場合、使う前日に冷蔵庫にうつして解凍させ、ザルにあけキッチンペーパーで水気をよくふきとる。
  4. ムネ肉を一口大に切り、再度キッチンペーパーで水気をよくふきとり、耐熱容器にいれる。                      
  5. 耐熱容器の中に片栗粉大さじ1を入れ、ムネ肉によくまぶす。
  6. パプリカとピーマンは半分に切りタネを出し一口サイズに切る。
  7. 甘酢あんの調味料を混ぜ合わせる。       
  8. ムネ肉の入った耐熱容器にパプリカとピーマンを入れ、甘酢あんの調味料を片栗粉が沈殿しないように混ぜながら入れ、全体をよくまぜる。
  9. 耐熱容器のフタを斜めにかぶせるorラップをふんわりかぶせて600wで4分加熱し、いったん取り出し全体をかきまぜて再度2分~2分30秒加熱してできあがり。

 

重曹と砂糖と塩の保水効果でムネ肉がびっくりするほどやわらかくなります。時間がある場合は冷凍しておくと細胞内の水分が膨張して細胞壁が壊れることで、ますますやわらかくなるのでおすすめです。重曹水溶液につける際にはムネ肉を切らなくてOKなので、特売日にまとめ買いして2~3枚つけて冷凍しておくと後日好きなように使えて便利です。

6分続けて加熱したくなりますが甘酢あんが容器の底で固まってしまうのを防ぐため、お手数ですが4分後にいったん取り出してよくかきまぜてから、再度2分~2分30秒加熱してくださいね。

 

 


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

ホームへ

重曹でムネ肉やわらか酢鶏 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ