家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ある週の献立

レンジで簡単お肉の常備菜レシピ。なすの肉巻き南蛮

つくりおきしておくと主菜にも副菜にもなり、お弁当にも入れられる万能おかずです。ご好評いただいている「なす南蛮」の肉巻きバージョンです。味付けはすべて大さじ1なので覚えやすく、レンジで作るので油を使わずヘルシーに仕上がります。お酢を使いますが酸っぱすぎることはなく、食欲が落ちやすい暑い時期でも食べやすいバランスの良い味です。

調理時間:10分 冷蔵保存:4日

 

  • なす 小2本(170g前後)
  • 豚バラ肉(薄切り) 8枚(160~200g) ※薄切りなら、こま切れやロースでもOKです。

調味料

  • 醤油 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • めんつゆ2倍濃縮 大さじ1(※)
  • ※めんつゆは3倍濃縮の場合は大さじ1弱、4倍濃縮の場合は大さじ1/2入れてください。

 

  1. なすはヘタを落とし、写真のように縦に四等分する。(2本を4等分するので8本になります。) 
  2. 耐熱容器になすを入れ、フタをずらしてかぶせるorラップをふんわりかぶせレンジ600wで2分加熱する。
  3. その間に小さいボウル(またはお椀)に醤油、酢、砂糖、めんつゆ2倍をすべて大さじ1ずつ入れ混ぜておく。
  4. レンジ加熱後、取り出して豚肉の薄切りをなすに巻きつけ、耐熱容器に入れる。
  5. 耐熱容器に混ぜ合わせた調味料を全て入れ、ざっくりかきまぜてフタをずらしてかぶせるorラップをふんわりかぶせてレンジ600wで3分加熱する。
  6. 加熱後、取り出して食べやすい大きさ(4センチ前後)に切り耐熱容器に残ったタレをかけてできあがり。

 

レンジ加熱後、豚肉の一部が生っぽいようならレンジ内に5分程度おいて余熱で火を通してください。5分経ってもまだ生っぽいようなら追加で30秒加熱してみてください。

豚肉の旨味がなすに染みて、バランス良く美味しく食べられます。お酢が入りますが酸っぱすぎることはなく、お肉となすの味を引き立ててくれます。甘さもあるので小さい子でも食べやすく、程良い酸味は祖父母世代に好評です。主菜にも副菜にもなり、お弁当にも入れられるイチオシのおかずです。

豚バラ肉は8枚使いますが、お店によって一枚の重量にバラツキがあるため160~200gと記載しています。

豚肉は2ミリ以下の薄切りならロースやこま切れを使っても大丈夫です。写真はこま切れを使った時のものです。こま切れは本当に細かく千切れていて全く巻けそうにない時もあれば、それなりに細長くてなすに巻くのに問題ない時もありますので、巻けそうな時には作ってみてください。

ちなみに「簡単あじつけ・煮卵(味玉)」と調味料の割合が全く同じですが、食材が全く違うので同日に食べても被ってる感じが全然しないです。どちらもお酢が全体をひきしめ、甘さとダシ風味のバランスがよく食べやすいイチオシのおかずです。作っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 


レシピ本の出版を目指してがんばっています。
バナーをポチしていただくことでランキングが上がり夢に近づけます。
1日1クリック、応援していただけると嬉しいです。

ホームへ

レンジで簡単お肉の常備菜レシピ。なすの肉巻き南蛮 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

Copyright©つくりおき食堂,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ